森田公明の心のコーチングアドバイス

売りにくいものを売る営業職の心を整える

営業職

【新社会人オススメ、知らないと損するビジネスマナーシリーズ!その13】セクハラ・パワハラへの対処方法

【新社会人オススメ、知らないと損するビジネスマナーシリーズ!その13】セクハラ・パワハラへの対処方法

もしあなたがセクハラ(セクシャルハラスメント、性的嫌がらせ)やパワハラ(パワーハラスメント、上司による嫌がらせ)の被害にあった時にはどうすれば良いか?

今回は、その対応についてわたしの考えをお伝えしたいと考えました!

 

態度が大切!

毅然として態度で断りましょう!

こちらが不快と思っていることが伝わっていない場合があります。(喜んでいる、照れているからなどと見当違いに思っている方も実際にいるって覚えておいてくださいね。)

感情的にならずに不快に感じていることを冷静に伝えるようにしましょう。

 

相談すること!

一人で悩んでないでふさわしい方に相談しましょう!

社内に相談窓口が設置されている場合もあります、上手に利用がオススメ。

 

記録すること!

事実を記録しておきましょう!
記録は事実を裏付ける重要なものとなりあなたを守ってくれますよ。

 

自分を責めないこと!

自分を責めるのは絶対NG!

セクハラ・パワハラをされた責任はあなたにあるわけでない、、、
自分を責めることは絶対やらないでください。

 

働きすぎないこと!

長時間労働の強制もパワハラと言えるかもしれません、働きすぎにも注意しましょう。

自分を大切にできるのは自分だけです。
自分を守れるのは自分だけです。

会社を辞めても命は取られません、、他にも働くところはありますよ(^^)

会社で悩みがある方は気軽にご相談ください!
30年以上勤めてきたわたしがサポートさせていただきます。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

ハラスメント

嫌がらせ

嫌がらせ(いやがらせ)とは、特定、不特定多数を問わず相手に対し、意図的に不快にさせることや、実質的な損害を与えるなど強く嫌がられる、道徳(モラル)のない行為の一般的総称。英語では harassment に相当し、日本でも、こと嫌がられる行為をすること(または何がしかの行為に不快感を示すこと)を指してハラスメントと表現する場合もある。類似の概念に「いたずら」がある。

概要
日常生活の中で、他者に精神的苦痛や物質的損失を与える結果となる行為を指す。定量的かつ厳密な定義は存在せず、ある行為をある者が不快に感じれば、その者にとってその行為は嫌がらせとなる。従って、ある行為がAにとっては充分に嫌がらせであったとしても、Bにとっては何ともない場合がある。また、『嫌がらせをしている』という自覚を持たず無知または当人なりの善意に基づいて行為に及んでいるケースもあれば、それを受けた者の被害妄想に過ぎないケースも絶無ではない。

「嫌がらせ」は、時に事件として大きく取り沙汰されたり、誰かの幸福追求権を阻害したなどの理由によって人権問題に発展する場合もある。差別も「嫌がらせ」に含む場合がある。

いやがらせの種類
時代とともに「嫌がらせ」の類型は変化する。
• 「セクシャルハラスメント」 – 女性の社会的地位改善に伴って問題となった。
• 「パワーハラスメント」- 地位、職権などのパワーを背景に働く環境の悪化や雇用不安・解雇などで問題。
• 「モラルハラスメント」 – モラルによる精神的な暴力、嫌がらせで問題となった。
• 「スモークハラスメント」 – タバコ煙による健康被害が意識され、受動喫煙防止を怠ることや受動喫煙対策を求めた者に対する不当解雇や嫌がらせ等が問題となった。
• 「アルコールハラスメント」 – 飲酒に絡む迷惑行為も問題となった。
• 「ドクターハラスメント」 – インフォームド・コンセントのような医者と患者の関係が問い直される議論に関連して問題となった。
• 「ブラッドタイプ・ハラスメント」 – 血液型性格分類に科学的な根拠がないことが明らかになるにつれ問題となった。
ほかにもカラオケで強制的に歌わせる「カラオケハラスメント」、ならびに宗教団体や聖職者などによる「レリジャスハラスメント」、更に「就活終われハラスメント」の略で文字通り、就活生に対して企業の人事が「内定を出すから、就活を終わらせて、ウチにしぼれ」と嫌がらせをする「おわハラ」[3]など、様々な新しい「嫌がらせ」の概念が提唱されている。
出典:ウィキペディア

コメントはこちらにお願いいたします

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Facebookコメントはこちらにお願いいたします