森田公明の心のコーチングアドバイス

売りにくいものを売る営業職の心を整える

コーチング

占いの結果は信じて良いのか?プロコーチが考える賢い使い方と良い占い師とは?

占いの結果は信じて良いのか?プロコーチが考える賢い使い方と良い占い師とは?


先日何気なく見ていたテレビである女性が話していました。。
それは、雑誌に載っていた占いに多額のお金を使ってしまった。というもの!

始めは軽い気持ちで電話をしていたんだけど、気が付いたら給料を全部占いに使ってしまって借金までしていた。
何か不安になると占い師の聞かずにはいられなくなっていた。

借金をしたあとに「私は何をやっているんだろう」と我に返ったという最後で締めくくられていましたが。
すっかり占いに依存してしまったわけですね!

占いは、宇宙や自然の法則を体系化しているものなので、あてにならないと言い切ってしまって良いというものでもない。
占いは依存することなく賢く使うと良いものだと私は思っています。

未来は変えられないのか

占いで、あなたの未来に望まないことがわかったとしたら、それを避けようとします。
それを知る前と知った後では同じ未来になるはずはありません。

占いはあくまで、今の考え方で行ったらという前提なので、今の自分の考え方を変えたり、意識を変えれば、行動が変わり、意識が変わるわけです。そうなれば未来は変わります!

 

占いの賢い使い方は

占いで言われたすべてのことは、あなたに何かを気づかせてくれることだと私は考えています、

賢い使い方は、その気づきを活かして、今までとは違う考え方や思考パターンに変えていくこと、それによって未来はより良いものなっていくものだと思います。

占い師の言葉で未来が左右されてはいけない

占いで言われたことはそのまま鵜呑みにすることは大変危険です。
占いは天気予報のようなものだと私は思っています。

絶対当たるわけではないけど、情報として自分の中に入れておこう」

良い占い師の選び方

否定的なことを言わない占い師を選ぼう

・このままでは不幸になる
・かわいそうだけど、自殺する運命にある
・このままだと重病になる

その占い師は、何かマイナスなことを言ってあなたを引きつけようとしています。
それが正しいことであったとしても、こんなことを言う占い師はやめた方が良いと私は思います。

自分の価値観を押し付けてこない占い師を選ぼう

良い占い師は、あなたがどうなりたいかを優先してくれます。
あなたの希望を聞いてくれます。

例えば
いつ結婚できますかという質問には、
占いでは、出会いの多い年はわかるそうですが、幸せになるとは別のことです。
いついつ結婚しなさいとは決して言いません!

占い師は、あなたが信じて行動した結果うまくいかなくても責任を取ってくれません。
また、あなたが決めた通りに行動しないと後悔することにもなります。

占いの役割は、アドバイスをすることであって無理に何かをやらせるものではないのです。
自分の価値観を押し付けてくる占い師は避けた方が良いと思います。

いい気分明るい気分にされせてくれる占い師を選ぼう

占いは、いい気分になったり、幸せになるためにあると私は思っています。

人間は誰でも褒めれられると嬉しいもんです(嬉しい褒められ方は人それぞれですが)!

占いでは、色々がわかりますが、良いことを中心に伝えてくれる、ホジティブに伝えてくれる、そんな占い師を選びましょう。

常に勉強をしている占い師を選ぼう

占い師に限ったことではありませんが、その道で素晴らしい方は常に勉強を怠りません。
占いも様々なものを否定せずに勉強、研究をされています。

こんな姿勢を持った占い師を選びたいですね!

相性が合う占い師を選ぼう

占い師も人間です、有名な占い師でもあなたとの相性は別です。
なんとなく、いい感じ、この人と合いそうな感じがする。
そんな占い師を選びましょう!

あなたのフィーリングを大切にしてくださいね(^^)

幸せオーラを持っている占い師を選ぼう

なんとなくでも運の悪そうな占い師では、運の悪さがこちらに移ってしまいそうな気分になります。
占い師は自分にこともわかるはずなので、しっかりとした基盤を築いている方を選びたいですね!
・顧客にクレームをもらっている
・家庭がうまくいっていない

占いの信ぴょう性が疑われます、こんな占い師は避けたいですね!

自分自身が経験していく

もし、占ってもらった結果あなたが嫌な気分になったら、別の占い師に占ってもらってはいかがでしょうか?
スッキリさせることが大切だと思います!

また、しばらく経ってから同じ占い師を訪ねて見るという方法もあります、1回目と2回目が全然違うことを言っていたら。いい加減な占い師とわかりますので、以前言われてモヤモヤしたことを信頼しなくて良いと思えます。

最近は、病院でもセカンドオピニオンで別の医師の意見を聞くことが一般化されつつあります。

自分への質問が未来を変える

占いで自分が望まないことを言われた時に、どう考えるか、言い換えれば自分で自分にどんな質問をするかが未来を変えます。

例えば、
・嫌なこと言われたなどうしよう困ったな
・今までうまくいかなかった原因がわかってよかった
・今わかってよかった良い対策を立てて実行しよう

あなたはどんな質問を自分自身にしますか?
この質問によってあなたの未来は大きく変わります。
私たち人間の脳は、質問の答えを自動的に探すからです!

占い師と向かい合う姿勢は?

占ってもらう時、相手に始めからプライベートをさらけ出しては良くないと思います。
それは相手がどこの誰だかわからないからです。

知らない方に自分のプライベートをさらけ出すことを普段はやらない方が、なぜ占い師には話してしまうのでしょうか?

それは、占い師に問題解決をして欲しいと思っているからです。
問題解決をしてもらいたい、何かを教えてもらうという姿勢では上下関係になってしまい、言葉にコントロールされやすくなるので姿勢は大切です。

知らない方に重大なプライベートをさらけ出す恐ろしいことだと私は思います!

占いにはどんなものがあるのか?

占いで検索すると種類が多いことに驚きます。
血液型占い
花びら占い
タロット占い
星座占い
ホロスコープ
などなどたくさんありました!

占い師も少し勉強して気楽に占い師のなった方もいれば、有名な占いの大家と呼ばれる方まで様々です。
最近はお気軽に占い師になる方が増えているようです。

占いにも根拠が乏しいものもあります。
しっかりとこれらを区別することも大切だと考えています!


・占いの結果を信じていいのかと思っている方
・占いの結果がよくないと気になって気持ちが落ち込んでしまう方
・運命は決まっていた自分ではどうにもできないと思っている方
そんな方の参考になれば幸いです!

私たち人間は誰でも不安になる時はあります。

占いで、あなたの恋人やパートナーは浮気クセがありますと言われたらどう思いますか、そんなことはないと思えれば良いのでしょうが、気になりだしたら、何か少しでも疑う余地があるとそう見えてきてしまいます。

この時あなたが言われたことも、浮気クセがありますであって浮気をしていますではありません。

そう解釈しただけです。
占い師に言われたことをあなた自身がどう解釈するかです。
占いとは、良いことも悪いことも絶対そうなると決まっているわけではなく、そうなる確率が高いということです。

 

未来は考え方と行動で変えていけるもの

未来は予測できるのか?
もし未来が決まっているとしたら予測はできると私は思います。

だとしたら本人がどんな努力をしても結果と変わらないのでしょうか?
自分の考え方を変えれなければその予想した未来になる。
それは今のあなただったと仮定した時の未来であって、
あなたの考え方が変わって行動が変われば当然未来は変わっていくのです!

占いは、使い方で役に立つものだと私は思いますが、それを信じすぎると依存になり振り回されてしまいます。
賢い使い方をして行きたいですね。

こちらの記事もオススメです(^^)

プロコーチが教える第一印象を良くするために気をつけるべきオススメ注意点3つ
http://reliancemorita.net/firstimpression1224

仕事でもプライベートでも活用できる、人に好かれるオススメの話し方!
http://reliancemorita.net/speaking1215

やる気を上げたい方にオススメ!ヤル気アップの持続方法と法則
http://reliancemorita.net/motivation1222

 

 

 

占い

占い(うらない)とは様々な方法で、人の心の内や運勢や未来など、直接観察することのできないものについて判断することや、その方法をいう。卜占(ぼくせん)や占卜(せんぼく)ともいう。
概要
「真実の口」をモチーフにした業務用占い機。口の中に手を挿し入れる事で手相を占える。
占いを鑑定する人を、占い師、占い鑑定師、卜者(ぼくしゃ)、易者(えきしゃ)などと呼ぶ。また、場合によって、「手相家」、「気学家」、「人相家」などとも呼ばれる。客からは先生と呼ばれることが多い。また日本では、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と昔から言われているように、占いは他の業界と違い、必ずしも当たらなくても通用する面もあることから、占いを裏(外れ)が無いという意味で「裏無い」と軽蔑の意味を込めて書く場合もある。
占いの関係者の中には占いは「統計」によるものと説明する者もいるが、占いは独自の理論や個人の経験で構成されている面が強く、必ずしも統計や統計学、科学としての研究との関連があるとは言いがたい。
例えば占星術は古代においては天文学と関連したものであったが、天文学が自然科学として発展したため現在では学問的な裏付けが無い。またこれは風水においても同様で風水に地理の別名があるように、かつて地理は社会科学の地理学に相当する知識と地理による吉凶を占う地相術が渾然となったものであった。
実際、これまで占いには、統計学などの科学的要素が入っていると言う説が提示されたことはあるが、科学的な根拠があると認められたことはない。古代ギリシャや古代ローマで行われていた生贄の動物の肝臓の色を見ることや、中国で行われていた、熱した細い金属棒で動物の肩甲骨や亀の甲羅を焼く(亀甲獣骨文字を参照)行為に関しては、その占いに使われた動物の栄養状態が分かるため都市建設と農作物の育成に関してだけはそれなりの根拠があったが、時代が下るにつれて本来の目的以外の占いに用いられるようになり、また生贄を採取する場所も問わなくなってきたため、根拠が無くなっていった。しかし、現代においても、占いを信じる者は少なくないため、占いはしばしばビジネスとして扱われている。中には霊感商法などの悪徳商法に発展することもあるが、こうなると占い師が詐欺罪に問われることもある。
占いの提供のされ方としては従来より、雑誌や本の他に、占い師が直接占う対面鑑定、電話で占う電話鑑定、チャットを利用したチャット鑑定等があるが、インターネット業界の進展により占いコンテンツとして提供されるケースが多くなっている。
占いは、その信憑性が科学的には証明されていないが、不思議な効果を発揮したと見なされることがある。例えば昭和の易聖とよばれた加藤大岳は野球くじを占い、小額の購入の時は良く当てたという伝説が残っている。そのため占いが当っていようがいまいが、当たったように見せる機構があるのではないかという考えがある。その機構として想定されているのが、バーナム効果、コールド・リーディング、ホット・リーディングといったものである。
本来、占いと霊感は別のものであるが、どちらも運勢や未来などを判断するという点が共通している。そのため、霊能者を名乗った方が営業上得策であるということで占い師が霊能者を自称することがままある。
命・卜・相
占いは、大別すると命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)の三種類に分かれ、占う者は目的に応じて占いを使い分け、組み合わせる。また命・卜・相に医、山(肉体的および精神的な鍛錬)を加えて「五術」ともいわれる。
「五術」や「命・卜・相」は、中国では一般的な言い方であるが、日本には、1967年頃台湾の張明澄(張耀文)が伝えたのが最初とされる。 実際、台湾の占い師の看板は、たいてい「命・卜・相」か「五術」のどちらかである。
張明澄によれば、中国の五術は記号類型化による経験則の集大成であり、科学とはいえないものの、霊感などのような反科学的な要素は含まないという。逆に、科学は時間に記号をつけて類型化するという発想はないし、観察した経験もないから、五術を否定する根拠を持てないという。 五術に医が含まれるのは、中国医学は五術の命などと全く同じ方法で、つまり記号類型によって成り立った伝統医学だからである。
五術というのは機能面からの分類だが、方法論的な分類としては六大課ともいわれ、太乙神数、奇門遁甲、六壬神課、河洛易数、星平会海、宿曜演禽、という六種の術数を、五術六大課という。
命(めい)
誕生日ごとの「あなたの運勢」
運命、宿命などを占うもの。誕生した生年月日・時間や、生まれた場所の要素も加えることによって、その人の生来の性質、傾向、人生の流れなどを占う。推命(すいめい)とも呼ばれる。
四柱推命(子平命理|八字)
紫微斗数(紫薇斗数ともいう)
河洛命理
星平会海(子平と七政星学を合わせたもの)
奇門命理
太乙命理
六壬命理
七政命理(中国占星術)
演禽命理
星座占い(西洋占星術を簡略化したもの)
占星術
西洋占星術(ホロスコープ)
数秘術
九星気学
算命学
0学占い
六星占術(細木数子)
動物占い(四柱推命を簡略化したもの)
誕生日占い
属性占い
卜(ぼく)
人が関わりあう事柄(事件)を占うもの。何かを決断するときなどに使う事が多く、卜(ぼく)によってあることを定めることを卜定(ぼくじょう)と称される(斎宮#卜定参照)。時間、事象、方位など基本にして占う。占う事象を占いをする時期、出た内容などとシンクロニシティさせて(ある意味、偶然性や気運を利用して)観る。わかりやすい例として、 一輪の花を手にとって花びらを一枚一枚摘んで「好き・嫌い」を判断する恋愛占いや、えんぴつを転がして行う「えんぴつ野球」(ヒットの代わりに吉としたら…)などもその一種である。ちなみに卜の文字は、亀甲占いの割れ目を意味する象形文字を原形としている。また占の文字も同じ系列に属する。
周易
断易(五行易、卜易、鬼谷易)
梅花心易
六壬神課
奇門遁甲
太乙神数
皇極経世
ホラリー占星術
銭占(コイン占い)
ルーン占い
タロット占い
ジプシー占い
ダイス占術
水晶占い(スクライング)
ダウジング
六爻占術
御神籤(おみくじ)
阿弥陀籤(あみだくじ)
辻占い(辻占、つじうら)
花びら占い
えんぴつ占い
ジオマンシー
ポエ占い

目に見える対象の姿や形を観て、現在の、人への影響や吉凶などをみる占い。視覚心理学や図形心理学、音声心理学などである。
姓名判断
手相占い
人相占い
印相占い(印鑑占い)
名刺相占い
夢占い
風水
ヴァーストゥ・シャーストラ
家相
墓相
出典:ウィキペディア

コメントはこちらにお願いいたします

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Facebookコメントはこちらにお願いいたします