森田公明の心のコーチングアドバイス

売りにくいものを売る営業職の心を整える

オススメ本

本選びに失敗しない!良書を選ぶ13の方法

本選びに失敗しない!良書を選ぶ13の方法

本を読んでみようと思った時、どれを読んだら良いかわからない!
本屋さんに来たものの同じような本が並んでいてどれを買ったら良いか迷ってしまう!
あなたはこんな経験ありませんか?

私は、読書歴が40年以上になります。
母が私が幼少にころ、寝る前に読み聞かせをしてくれたことが私の本との関わりのスタートです。

私の良書選びの方法があなたの今後の本選びの参考になれば幸いです(^^)

img_9331-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

 読む目的を決める

良書とは、その人それぞれによって何が良書なのかは変わります。
またその場面・状況によっても変わりますね。
まずは、何の目的で本を読むかを決めましょう!
例えば
・企画書の書き方を知りたい
・ビジネスメールの書き方を知りたい
・新規事業計画のヒントを得たい
・娯楽として読みたいので面白そうな本を探したい
・知りたいことの簡単な概要がわかればいい
・基本的な知識はあるから専門的なことが知りたい
・資格試験勉強用の本を探している
こんなことが考えられるでしょう

まずは目的を決めることが大切です!

 前書きが面白い本を選ぶ

目的を決めたら、目についた本を手にとって前書きを読んでみましょう!
前書きが面白いと感じた本はあなたにとって良書の確率が高くなります。

前書きは、本文を読んでもらうために著者と出版社が一生懸命、作ったものなのです。
前書きが面白くないと感じたらあなたの本ではないということです!

%e6%9c%ac%e6%a3%9a002

 目次をパラパパラ読む

前書きの次は目次です。
目次を読んで、何が書いてあるのか、あなたが求めていることが書いてあるか、目的にあっているかを確認しましょう。
目次を読めば何が書いてあるのかが大体わかります!

 何か書いてあるが、全体をみる

パラパラとめくって大体何が書いてあるのかを何となく読んでみましょう。
3分がぐらい立ち読みをすればOKです!

全体を見る前に目次も読んでいるのでこれでかなりわかりますよ(^^)

img_9366-2-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

 著者プロフィールを読む

著者も大切です。プロフィールにも目を通しましょうね!

この著者は、あなたが求めている情報を書く資格があるのか、資格とは国家資格とかだけではありません、その専門家であるかどうかです。
この著者から学んでみたいかも考えてください!

NOなら却下です(笑)

 一言でもいい言葉があれば読んでよかったということ

さあ読んでみました。
結果として良書であるかの一つの判断は、あなたの心に響く言葉があったかです。
一言でもあれば、読んで良かった本です!

 週に一度は本屋さんに行ってみる

良書との出会いはインスピレーションのようなものがあると私は思っています。
週に一度ぐらい本屋さんに行って良書を選ぶインスピレーション鍛えてみてはいかがですか?

本屋さんに行くと数えきれないほどの本が並んでいます。
あなたの脳は、売り場をザザっとスキャンしていきます、タイトル、装丁、色、帯、キャッチコピー、POP、こんな情報をスキャンですね!

週に一度ぐらい本屋さんに行っていると、このスキャンの能力が自然と上がってきます。
何となく、自分にとっての良書すなわち必要な本がわかってくるようになります!

私のオススメは中規模の本屋さんです、同じ本屋さんに定期的に行って売り場をスキャンです。スキャンの経験があなたのインスピレーションを働かせてくれるようになります。

img_9050-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

 良書との出会いは読書量が増えてくれば出会えるようになる

何回も本屋さんに行って売り場を見たり、本をたくさん読んでくれば、だんだんと良い本がわかってくるようになります。

私は、失敗した買わなきゃよかったと思う本を何冊も購入した経験があります。
あっ、読んでみて買って失敗したと思った本は、途中でも読むのをやめることをオススメします。時間のムダなので古本屋さんにでも売りましょう(笑)

 信頼できる方のオススメ本を読んでみる

どの本を読んだら良いのかわからない時は、信頼できる方のオススメを聞いてみることも良い手段です。
尊敬している方が推薦されている本も参考になりますよ!

 図書館を上手に使う

図書館で買うべき本を見つける、
図書館もうまく使いましょう。
図書館で借りて読んだ本でよかった本を購入も良い方法です。
手元に置きたい本と言うことですからね!

%e5%b9%b8%e3%81%9b%e3%81%a8%e3%81%84%e3%81%a4%e3%82%82

 2回立ち読みした本は買って間違いない

一度パラパラと見て購入しなかった本でも、もう一度手に取った本はあなたに必要な本です。その本があなたを呼んでいるということですね、購入オススメです(^^)

 翻訳本には良書が多い

翻訳本にはハズレが少ないと私は思っています。
すでに発売されて売れた本が翻訳されるので、内容が良いとお墨付きが与えられているわけです。
翻訳の美し悪しはあるものの良書を探す大きな材料の一つです!

 ベストセラーを読んでみる

ベストセラーと言えども良い本とは限りませんが、読んでみる価値はあります。
売れているには理由があるからです。
その理由を考えながら読んでみてください。

IMG_8520

以上が私が本を選ぶ時に実行している方法です、
私は、本とは出会いだと思っています!

本屋さんや図書館へ行ってたくさんの本と出会ってください。
それがあなたの良書選びに一番貢献すると思います。

あなたの素敵な本との出会いを意図しています!
読書になりますように。

このブログを読んで感じたこと、ご意見、感想をぜひこちらまでお願いします!
宛先

http://reliancemorita.net/お問い合わせ先

コーチングに関する質問
私へのお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ

http://reliancemorita.net/お問い合わせ先

専門家を探せるサイト「マイベストプロ東京」

http://mbp-tokyo.com/komei-coaching/

無料メルマガ「マンガでわかるコーチングって何だろ」
のお申し込みは下記から

http://www.reservestock.jp/subscribe/31439

コメントはこちらにお願いいたします

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Facebookコメントはこちらにお願いいたします