森田公明の心のコーチングアドバイス

売りにくいものを売る営業職の心を整える

オススメ本

お金持ちになりたいなら読んでおきたい!ホリエモンこと堀江貴文さんの「お金」にまつわる小説3部作「拝金」「成金」「錬金」

お金持ちになりたいなら読んでおきたい!ホリエモンこと堀江貴文さんの「お金」にまつわる小説3部作「拝金」「成金」「錬金」

ホリエモンこと堀江貴文の「お金」にまつわる小説3部作を3冊まとめて改めて読んで見た!

「お金」にまつわる小説3部作とは、私が勝手につけた名前ですが、
「拝金」 2010年6月発行
「成金」 2011年2月発行
「錬金」 2017年2月発行
の3作です。

いずれにも共通していることは。著者堀江貴文さんの体験に基づくノンフィクションとフィクションが混ざっている内容であること
それから、いかにして「お金持ち」になるのか(なったのか、なれるのか)ということ。

・「お金持ち」になりたい方
・「お金持ち」の頭の中を知りたい方
・IT勃興期を簡単に知りたい方
・堀江貴文さんに興味がある方
・小説として楽しみたい方
・起業したい方
・起業ネタを探している方

色々な方が楽しめる内容になっています。

「拝金」(2010年6月発行)がベストセラーになり当時読んで見ましたが、2017年2月の3作目が発行されて改めてまとめて読んで見ました、チョツト懐かしい事件が、、、

読んでいて思い出したことがあります!
以前500人規模のセミナーに私が参加した時にゲストとして堀江貴文が登壇されたときの話、、、

起業ってリスクがあるって言うけどリスクなんかない。なんでリスクがあるって言うのか僕にはわからない。
ちょうど先日イスラエルに仕事で行ってきたけど、レストランが大変求められている。例えばだけど起業のネタなんかいっぱいあるし・・・

2年ぐらい前でしたがこんな趣旨の内容を話されていました、学生時代に起業されてビジネスを展開されてきた方ならでは言葉で、「会社員とは思考パターンが違うな」と改めて感じさせられました。

この3作を読むと、その思考パターンの垣間見ることができます。
これから起業される方にもオススメです。

楽しく読めます!

 

拝金

堀江貴文 著

「藤田優作、君はどのくらいの金持ちになりたい?」「そうだな、金で買えないものはない、そう言えるくらいかな」「わかった。それでいこう」年収200万円のフリーター・優作はなぞのオッサン・堀井健史と握手を交わした。そこから彼の運命は大きく変わる。携帯ゲーム事業を成功させ、さらにあらゆる金融技術を駆使。瞬く間に会社は売上500億円の大手IT企業に変貌する。人はそれを「ヒルズの奇跡」と呼び、優作は一躍時代の寵児に。快進撃はさらに続くかに思われた―オッサンの無謀なミッションが下るまでは。金とは、勝者とは、絆とは?感動の青春経済小説。

「お金持ち」になる人ってこう言う考え方をしているんだな、と感心する1冊で引き込まれるように読んでました。

 

成金

堀江貴文 著

「世界に風穴をあけるぞ。僕らがいま生きているのはそのためでしかないんだ」
PCオタク、元カリスマ青年実業家、女子大生……個性的な面々が揃う“チーム・AKKA”。彼らは天才プログラマー・堀井健史のもと、新興IT企業を巧みにまるめ込み、資産の一部を中抜きしていた。最終目標はITベンチャーの雄、株式会社LIGTH通信の乗っ取り。携帯電話の販売代理店事業を全国展開し、創業10年あまりで時価総額5兆円の大企業へと登りつめた、ITバブルの象徴的存在だ。史上最大の下克上。チーム・AKKAは勝利を手にできるか。

前作『拝金』から遡り、物語の舞台は1999年、渋谷へ――。
IT勃興期を駆け抜けた男たちの野心を圧倒的リアリティで描く、まばゆくも壮絶な青春経済小説!

 

錬金 (文芸書)

堀江貴文 著

「妹の由里子がこの世界から丸ごと消えた」宇宙ロケットの開発過程でタイムスリップ装置を発見したオッサンこと堀井健史はそう言い、1枚の写真を見せた。40年前の1978年撮影。そこに今の俺が映っている。どういうこと?「由里子が消えたのと同時に、この写真にお前が現れた。お前のタイムスリップと、彼女の消えた“因果”は同期している。その関連性を突き止めて、時間軸をただせば、彼女の存在は戻る。それができるのはお前だけだ」因果?タイムスリップ?ますます混乱した。だいいち時価総額1兆円のIT企業ネクサスドアの社長だった俺を嵌めて、刑務所送りにしたのは、このオッサンなのだ。でも断れない。由里子は俺にとって大切な人だから。俺はともかく1978年に旅立った。そこで出会ったのは西島和彦、21歳。のちにIT革命の土台を築く伝説の人物。俺は破天荒すぎる彼の行動にたちまち魅了された―。IT革命前夜、世界を変えた常識破りのカリスマたち。痛快な、その失敗と成功―。ホリエモンが贈る、感動のタイムスリップ青春小説!

堀江 貴文(ほりえ たかふみ、1972年10月29日 – )は、日本の実業家、著作家、投資家、タレント。愛称はホリエモンだが、堀江本人があだ名やペンネームなどを名乗る際にはたかぽんを自称している。 日本ゴルフ改革会議委員[2]、インターステラテクノロジズ創業者兼従業員、Jリーグアドバイザー、大阪府の特別顧問(国際博覧会(万博)担当)。
元ライブドア代表取締役社長CEO、現在、SNS media & consulting株式会社 ファウンダー。

経歴
久留米大学附設中学校・高等学校卒業、東京大学文学部中退。中学・高校時代の同級生に、後に衆議院議員となる古賀篤[7]、ソフトバンク社長室長などを務めた三木雄信、ガンホー・オンライン・エンターテイメント創業者の孫泰蔵(孫正義の実弟)がいる。

会社設立
1996年(平成8年)4月、有馬あきこらと共に有限会社オン・ザ・エッヂを設立(なお、堀江はオン・ザ・エッヂを設立後に大学を中退している)。資本金には、有馬の父からの出資600万円が用いられた。1997年に株式会社に改組。同社は、当時のインターネットが普及しはじめた黎明期に、いち早くホームページ制作・管理運営を行う会社として注目を集め、レコード会社などの一流企業のサイト制作を請負った。2000年に売上高2億5000万円で東証マザーズに上場。2002年、経営破綻した旧ライブドア社から営業権を取得した上で、ライブドアへ社名を変更した。ライブドアは証券取引法違反により、2006年4月14日に上場廃止となった。

球団買収計画と失敗
2004年に経営難でオリックス・ブルーウェーブ(現:オリックス・バファローズ)との合併が決定されたプロ野球球団、大阪近鉄バファローズ買収を申し出た。買収の申し出を拒否されると、今度はそれまで球団のなかった東北に新球団を設立する計画を発表。球団名を「仙台ライブドアフェニックス」とし、監督としてトーマス・オマリーを招聘すると発表した。本業の競合他社でもある楽天と参入を競い合うが経営体力の不足等が指摘され、審査の結果、楽天(東北楽天ゴールデンイーグルス)の参入が決定。ライブドアの参入は実現しなかった。

ニッポン放送買収計画と失敗
「ニッポン放送の経営権問題」も参照
2005年2月、自身が社長を務めるライブドアがニッポン放送の株を35%取得、同社最大株主となった。その後2月21日現在ニッポン放送株を40.1%取得したが、2005年4月、ライブドアの所有するニッポン放送株式全てをフジテレビジョンが取得したことで、買収は失敗した。

総選挙への出馬と落選
2005年8月16日に衆議院の解散(いわゆる郵政解散)に伴う総選挙において、自民党から福岡1区での立候補を打診されたが、出馬するかどうかは未定であることが明らかとなった。一方、民主党の岡田克也代表(当時)とも会談を行うが民主党からの立候補は見送られた。

自民党からは堀江の擁立に対する批判が相次ぎ、また、堀江が自民党の説得に応じず、ライブドアの社長を辞めないことを表明。堀江は無所属として亀井静香(当時自民党を離党し国民新党所属)の選挙区である広島6区で立候補すると発言したが、立候補の記者会見を自民党本部で行っていたこと、広島6区で自民党・公明党が候補を擁立しなかったこと、武部勤自民党幹事長や竹中平蔵経済財政政策担当大臣など自民党大物幹部が堀江の応援演説に訪れていたことから、自民党による亀井静香への対立候補として世間から認知されるようになった。対立候補の当事者であり「刺客」という言葉を最初に用いていた亀井静香は堀江について「自民党の刺客が自民党を名乗らない。忍者かね」と評した。

証券取引法違反容疑による逮捕
詳細は「ライブドア事件」を参照
経緯・推移
2006年1月16日 – 証券取引法(以下「証取法」)違反容疑により、六本木ヒルズのライブドア本社や堀江貴文の自宅など、東京地検特捜部による家宅捜査が行われる。
1月23日 – 証取法違反(風説の流布、偽計取引)容疑で東京地検特捜部により、財務担当の取締役宮内亮治、ライブドアマーケティング社長岡本文人、ライブドアファイナンス社長中村長也と共に逮捕される。2月13日、公判請求。
2月22日 – 証取法違反(有価証券報告書虚偽記載)容疑で再逮捕。同時に熊谷史人代表取締役も逮捕される。3月14日、追起訴。
3月16日に岡本、翌3月17日宮内と中村、熊谷は4月5日にそれぞれ保釈されたが、堀江の保釈請求は通らなかった。
4月26日 – 東京地裁は、堀江から出されていた3回目の保釈請求に対し、保釈を決定した。保釈保証金は3億円。堀江側はこれを小切手ですぐに支払ったが東京地検が準抗告したため、保釈の執行は停止された。翌4月27日、東京地裁は東京地検の準抗告を棄却し堀江の保釈が認められる。
4月27日 – 21時40分頃、94日ぶりに保釈され公の前に姿を現わした。大勢の報道陣にフラッシュをたかれカメラを向けられる中、報道陣に軽く会釈し、「ライブドア社員、ライブドア関係者や株主の皆様にご心配をかけました」と語り車に乗り込んだ。保釈後は自宅のある六本木ヒルズへと戻った。髪の毛はこの3ヶ月間切っておらず、ずいぶんと伸びていた。体重も15kgも減ったという。
6月20日 – 前年に起きたニッポン放送の経営権問題での、村上ファンドの村上世彰前代表とのインサイダー取引をめぐって、東京地検特捜部から参考人聴取を受ける。
9月4日 – 東京地裁で初公判。午前9時30分に地裁に現れた際、体型は逮捕時の水準にほぼ戻っており、顔つきがやや凛々しく、服装は上下黒いスーツ・白いワイシャツだった。だが法廷では青いネクタイを締めた(ネクタイ自体何年ぶりか覚えていないと堀江は言っている)。罪状認否では「起訴状は悪意に満ちて書かれている」「そのような犯罪も指示もしたことがなく、起訴されたことは非常に心外だ」と起訴事実を全面否定、無罪を主張し、検察側と全面的に対決する姿勢を見せた。公判は滞りなく進み、地裁から出てくる際はネクタイをしていない最初現れたときの服装だった。この後11月28日までに合計26回の公判を行った。
12月22日 – 論告求刑において、検察官は「一片も反省の意が感じられない」と堀江を痛烈に批判し、懲役4年を求刑。
2007年1月26日 – 最終弁論が開かれる。堀江は涙声で「取り調べなしに突然逮捕された」「おまえをつぶすという意気込みで、こちらは商売できない」などと、検察とは逆に堀江側が検察を非難した。
出典:ウィキペディア

コメントはこちらにお願いいたします

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Facebookコメントはこちらにお願いいたします