森田公明の心のコーチングアドバイス

売りにくいものを売る営業職の心を整える

オススメ本

オススメ小説!木曜ドラマ『ハゲタカ』主演:綾野剛の原作を読んでみた。

いよいよ始まりました!木曜ドラマ『ハゲタカ』主演:綾野剛の原作を読んでみた。

木曜ドラマ『ハゲタカ』主演:綾野剛さんの原作です。
著者は真山仁さん。。

この「ハゲタカ」は全11冊(アナザーストーリーを含む)出版されています。
このドラマではどこまで描かれるかはわかりませんが、、、

次から起こる展開は常に寝不足の危険が(^^)
ハゲタカ、外資という言葉はバブル崩壊以降特に耳にしますが、その一旦が垣間見れる、そんな内容です。。

11冊どれもこれもオススメです。
順番に読んで行ってくださいね。。。。。

新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)

真山仁 (著)

 

バブル崩壊から15年余り。「失われた10年」を経てもなお、日本を覆う混沌の闇が晴れる気配はない。ただ一つ、誰もが知っているのは、このままでは日本は確実に死に絶えていくということだけ。そして、グローバルスタンダードの名の下、外国資本が雪崩を打って日本に来襲。日本の命運を大きく左右するまでに至っている。ある人は、彼らを“救世主”と歓迎し、ある人は、彼らを“悪魔”と怖れる。彼らの名は、「ハゲタカ」。傾き始めた企業に死の臭いをかぎつけ、彼らの債権や株を安く買い漁ると、一気に買収へと乗り出す神出鬼没の集団。銀行では、再生不可能な企業を僅か5年足らずで蘇らせ、何処へともなく飛び去っていく。彼らにとって大切なことは、ただ一つ。「安く買って、高く売る」こと。彼らが飛び立った後には、時に屍の山が残り、時に見まごうばかりの光り輝く企業が出現する。果たして「ハゲタカ」とは、何者なのか。情け容赦なく利益を吸い取るただの略奪者なのか。それとも、日本に奇跡の復活を遂げさせてくれる白馬の騎士なのか―。

ハゲタカといえば、外資と連想されます。情け容赦なく利益を吸い取るというイメージも私は持っています。果たして本当にそうなのか?そんな疑問を持って読み始めましたが、引き込まれる引き込まれる(^^)

新装版 ハゲタカ(下) (講談社文庫)

真山仁 (著)

ハゲタカ2.5 ハーディ(上) (講談社文庫)

真山 仁 (著), 山田 章博 (著)

日本を代表するクラシックホテルの日光ミカドホテルは、経営難に陥り世界的リゾートグループのリゾルテ・ドゥ・ビーナス傘下に。創業家の長女、松平貴子はビーナスから執行役員になって目標値を達成すればミカドを返すと約束される。一方、謎多い中国の大富豪から救済案の提示が。陰謀の渦巻くなか貴子が闘う!

日本を代表するクラシックホテルの日光ミカドホテルは、経営難に陥り世界的リゾートグループのリゾルテ・ドゥ・ビーナス傘下に。創業家の長女、松平貴子は、執行役員になって目標値を達成すればミカドを返すとビーナスから約束される。一方、謎多い中国の大富豪から救済案の提示が。陰謀の渦巻くなか貴子が闘う!

鷲津さんが守った松平貴子さんの「ミカドホテル」が舞台!
こちらも一気に読み切っちゃいました。。。

ハゲタカ2.5 ハーディ(下) (講談社文庫)

世界的リゾートグループのパリ本社で激しい権力闘争に巻き込まれる松平貴子。中国の富豪・将陽明と娘の美麗はあらゆる手を尽くして事態を混乱に陥れる。冷酷な買収者・鷲津の影もちらつき、中国内部の暗闘も表面化、物語はさらなる局面へ。ミカドホテルの運命は? 「ハゲタカ」から生まれた国際サスペンス劇。

世界的リゾートグループのパリ本社で激しい権力闘争に巻き込まれる松平貴子。中国の富豪・将陽明と娘の美麗はあらゆる手を尽くして事態を混乱に陥れる。冷酷な買収者・鷲津の影もちらつき、中国内部の暗闘も表面化、物語はさらなる局面へ。ミカドホテルの運命は?「ハゲタカ」から生まれた国境サスペンス劇!

コメントはこちらにお願いいたします

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookコメントはこちらにお願いいたします