森田公明の心のコーチングアドバイス

売りにくいものを売る営業職の心を整える

セルフカードセラピー

超人気オススメ!簡単役立ち「セルフ・セラピーカードリーディング」2019年1月

超人気オススメ!簡単役立ち「セルフ・セラピーカードリーディング」2019年1月

プロコーチわたし森田が大空夢湧子さんの「セルフ・セラピーカード」1月の傾向・幸せのカギのリーディングをお届けします。

あなたが困った時に簡単解決に役立ちますよ!
紙に書いたりスマホメモをして持ち歩くことオススメしまっす(^^)

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。
大空夢湧子です。

新しい年が始まって1週間。お正月はいかがお過ごしでしたか?私は新しい町でのんびり七福神巡りをして過ごしました。

さて2019年1月のカードリーディングをしてみました。

1月に陥りやすいネガティブカード!

1月に陥りやすい傾向として引いたのは、「観念」「シャドウ」「期待」です。

1月の幸せと豊かさとして引いたポジティブカード!

1月の幸せのカギとして「恵まれた才能」「流れ」「コミュニケーション」が出ました。

1月は、思い込みの枠を抜け出し、あなたの思いやりを行動に移すと自分の意外な才能に気づき、嫌だと思う人や状況に出会っても、無理に抵抗せず流れに乗って、コミュニケーションしていくのがしあわせの鍵のようです。

より詳しく説明して行きますね(^^)

1月の傾向「観念」とは?

1月には、これまでの思い込みや観念に縛られて、柔軟性を欠いてしまう傾向があるようです。

ネガティブの助けは「恵まれた才能」

その際に、自分のことだけを考えるのではなく、周囲の人や、相手へのあたたかい思いやりを行動に移す時に、あなたの中で眠っていた才能が発揮されているのに気づくことができるでしょう。

1月2つ目の傾向は「シャドウ」

1月にはまた、ご自分の中で「この人は嫌だ」と強く感じる相手が出てくるかもしれません。いわばあなたにとっての「シャドウ」的な存在です。

救ってくれるのは「流れ」

その時には「この人は嫌だ」という方にばかり意識を向けがちですが、実は今こそ、うまくいく「流れ」物事の大きな流れに身を任せる時なのです。

3つ目最後の傾向は「期待」

新しい年は、新しい抱負を抱き、新しい年へのヴィジョンを明確にする時期でもあります。そして、そんな時には「自分はもっとできるはずだ」「もっと期待に応えなければ」という焦りからストレスを感じやすい時期でもあります。

解決するヒントは「コミュニケーション」!

ここはコミュニケーションでお互いに意思疎通することで、平和な気持ちで過ごせるでしょう。

例えば、
「私は今年は〇〇〇〇しようと思っています」
「私は今年は♢♢♢♢な年にしたいな」
「あなたが頑張り過ぎている時に、私はさみしい気持ちを感じることがある」
「いつもどうもありがとう」
「こんど一緒にご飯を食べに行こうね」みたいな感じで。

寒さは深まりますが、暖かくお過ごしください。
大空夢湧子

この記事は、大空夢湧子さんの「セルフ・セラピーカード」2019年1月の傾向と幸せのリーディングに基づいて書きました。

このセルフカードセラピーカードリーディングは、あなたがどうしてうまく行かないのだろーかという場面で助けになります。。。

1月がより良いものになりますよーに^^

今回ご紹介したものは、2019年1月の傾向です。。
あなたご自身の現在の状況を変えるために、「セルフカードセラピーカード」診断を受けてみたいなと思った方はこちらから!

セルフセラピーカード は下記から簡単に購入できます。

セルフ・セラピー・カード

チャック・スペザーノ (著), 大空夢湧子 (翻訳)

30日間シリーズなどで、特に若い女性から人気の心理セラピスト、チャック・スペザーノ博士の初めての「カード本」。48枚の「カード」を引くことによって、いま困っていることの「本当の原因」「それを癒してくれるもの」「それを突破したとき得られるもの」などがピタッと分かる心理カード&解説本セット。

イギリスの女性イラストレーターが描いた柔らかいタッチの美しいイラストが48枚のカードに描かれています。一番簡単な遊び方をお教えしましょう。まず、問題の本質をさぐるために一枚。次にその解決のために一枚引き、本でその意味を読み取ります。

ひとりで使うのはもちろん、親しい友人と一緒にゲーム感覚でお楽しみください。心のヒダに分け入るように「正確」で「深い答え」に、あなたはびっくりするでしょう。

「なんで、こんなことまで分かっちゃうの?」というくらい、あなたの今の状況を正確に分析し、適切なアドバイスをもらえます。でも本当は、「深い部分のあなたが、あなた自身に与えた答え」なんです

Facebookコメントはこちらにお願いいたします