森田公明の心のコーチングアドバイス

売りにくいものを売る営業職の心を整える

オススメ本

プロコーチ森田の悩んだ時はこれがオススメ!漫画 君たちはどう生きるか

漫画 君たちはどう生きるか

吉野源三郎 (著), 羽賀翔一 (イラスト)

 

発売半年あまりで、超速200万部突破!
子ども、親、祖父母…すべての世代で一番読まれている本!

『世界一受けたい授業』『おはよう日本』『クローズアップ現代+』『サンデーモーニング』などで大反響! !

amazon売れ筋ランキング総合第1位(2017/11~)

「いまは亡き著者と、これをいま出版しようと考えた編集者と、この本に正面からぶつかろうと思った漫画家に、カーテンコールのように拍手を続けています」
糸井重里さん コピーライター(2017/8/26のtwitterより)

「逆境や苦しみを感じるのは、前進している証だ。
考える、悩むことに価値がある、と励まされている気がしました」
松浦弥太郎さん エッセイスト

丸善日本橋店 フィクション部門第1位(8/17から8/23集計)

アマゾン売れ筋ランキング書籍総合「倫理学」「児童文学」第1位(2017/8/31調べ)

人間としてあるべき姿を求め続けるコペル君とおじさんの物語。
出版後80年経った今も輝き続ける歴史的名著が、初のマンガ化!

1937年に出版されて以来、数多くの人に読み継がれてきた、吉野源三郎さんの名作「君たちはどう生きるか」。

人間としてどう生きればいいのか、楽しく読んでいるうちに自然と考えるように書かれた本は、子供はもちろん多くの大人たちにも共感をもって迎えられてきました。

勇気、いじめ、貧困、格差、教養、、、昔も今も変わらない人生のテーマに真摯に向き合う主人公のコペル君と叔父さん。

二人の姿勢には、生き方の指針となる言葉が数多く示されています。そんな時代を超えた名著が、原作の良さをそのままに、マンガの形で、今に蘇りました。

初めて読む人はもちろん、何度か読んだことのある人も、一度手にとって、人生を見つめ直すきっかけにしてほしい一冊です。
《全国学校図書館協議会選定図書》

 

商品の説明
池上彰氏、宮崎駿氏も愛読 「君たちはどう生きるか」がマンガ化された理由

知的好奇心旺盛な少年「コペル君」と、彼を亡き父親の代わりに見守る教養ある「おじさん」。そんなふたりの心温まるやりとりを通じて、生きる意味を平易に、深く説いた児童向け教養小説の古典が初めてマンガ化された。刊行直後から話題を呼び、現在も途切れなく部数を伸ばしている。

「原著は幼いころからの愛読書で、池上彰さんや宮崎駿さんといった錚々たる方々に愛されていることも知っていました。ですが企画の直接のきっかけは、身近にいた20代や30代の若い編集者にも愛読されていたからなんです。世代を超えて読み継がれている良書をマンガ化すれば、より広い読者に届くのではないかと考えたんですね」(担当編集者)

原作に「ノート」として挟まれるおじさんからコペル君への助言は、あえてマンガ化せず、テキストとして掲載。〈ものの見方について〉〈真実の経験について〉〈人間の悩みと、過ちと、偉大さとについて〉といった深遠なテーマについて、原作同様、読者自身に自分の頭で考えさせる本として仕立てられている。

「原作はコペル君の成長が主題ですが、マンガではおじさんもコペル君を導きながら一緒に成長していくような要素を加えました。工夫が功を奏してか、若い方はもちろんのこと、ご年配の方もおじさんの目線に自分を重ねて本書を楽しんでくださっている手応えがありますね」(担当編集者)

評者:前田 久(週刊文春 2017.11.2号掲載)

 

この本は、人間としてあるべき姿を求め続けるコペル君とおじさんの物語。
「コペル君」の悩みを父親代わりの「叔父さん」がコペル君が成長できることを大切にしながら導いていく物語、なんと原作は80年前に出版。その歴史的名著が、初のマンガ化!

主人公は、的好奇心旺盛な少年「コペル君」と、彼を亡き父親の代わりに見守る教養ある「叔父さん」。
ある時は、「コペル君」と一緒に考え、またある時は、「叔父さん」の立場だったら子どもにどう教えるか、どう伝えるかを考え。。そんな視点で読んでみることをオススメします。。

先日母親の家に行ったらテーブルの上にこの本が、、
めったに本を読まない母なので不思議に思い「どーしたの?」と尋ねると。。
友だちから「いい本だから森田さんも読んだら」ともらったと、、

売れているのは知っていたしタイトルにも惹かれたので読んでみると考えさせられながら惹きこまれ!
読み終えて感じたことは、
この本が出版後80年経って今も読み継がれている理由、「人間の悩み、過ち」などはどんなに文明が発達しても変わらないってこと。。

悩みとお友だちになる!がわたしの答えでした。。。

原作者の源三郎さんって、祖父と同じ名前でビックリ。。

コメントはこちらにお願いいたします

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookコメントはこちらにお願いいたします